御宿 竹林亭

こんにちは、イチフユです。

あーちゃん

あーちゃんも行ってみたいです

イチフユ

それは無理な相談なのよ

目次

最上級を経験するということ

お金って紙だから私は経験に換えていきたい

心に刺さった石田ゆり子さんの言葉です。

パリで買い物している時に仰ったそうなんですが、同世代ということもあり、とっても響きました。

そして私はお金を「旅」という経験に換えることに決めました。

私が一番贅沢だなと感じるのは「旅の時間」です。

旅に出たいと思ったらまず、どの地域のどこに泊まろうかと考えます。

私の旅は観光というよりはゆったりした時間を求めるもの。

長い時間をお部屋で過ごすことがほとんどなのでホテルや旅館は熟考して選びます。

そして数ある旅館の中で「御宿 竹林亭」に決めました。

1300年の歴史を誇る温泉地、武雄温泉。

竹林亭は15万坪の庭園に11室の客室のみという名宿です。

武雄温泉

子育てが一段落したら行きたいと思っていた場所。

それが佐賀県です。

憧れの九州。

焼物と温泉の町に夫婦で行ってきました。

運よく紅葉真っ盛りの御船山楽園(15万坪の庭園)に宿泊することができました。

和洋室・梧竹

角部屋で最も人気の部屋です。

ウェルカムスィーツの干菓子と嬉野茶

御船山楽園の奥に佇む御宿竹林亭。

外から観る姿も内の姿も惚れ惚れする美しさでした。

御船山楽園は江戸時代に藩主だった鍋島茂義公が3年かけて完成させた素晴らしい庭園です。

今日は画像多めに紹介します。

季節を問わず、訪れたいところです。

露天風呂

竹林亭は客室11室に全て露天風呂がついています。

お出かけ時のお風呂は朝晩で充分な私なのですが、この日は夜を待たずに温泉を楽しんでしまいました。

トロッと肌に嬉しい泉質と素晴らしい景観に心も洗われるようでした。

チームラボ・かみさまがすまう森

私は自他ともに認めるカメラ好きです。

この時、通常の紅葉の他に撮りたい景色がありました。

それはチームラボのデジタルテクノロジーアート。

足腰の弱い私でも楽しみがあれば頑張れます。自然とデジタルの融合、こちらも言葉にするより画像をご覧いただいた方が良いですね。ぜひ、お楽しみください。

⬇︎こちらは同じ敷地内の御船山楽園ホテルで楽しめました。

まるで異次元の世界です。

茶屋バー

森の中には宿泊者限定のバーがあります。旅館の離れですね。

到着時に予約しておりましたので、特等席に座らせていただくことが出来ました。

チェックインの際に予約することをオススメします。

テーブルの明かりはキャンドル
日々の喧騒が一掃される景色

シャンパンを飲みながら時間の流れを楽しんで。

いつもの2人も特別な場所にテンションが上がります。

他愛無い話で盛り上がり、景色に見惚れる極上のひとときを楽しみました。

お食事(夜)

ここからはお食事を紹介です。

焼物の里の器も楽しめる地元の食材をふんだんに使った美しい創作料理です。

佐賀牛。

脂っこいものが苦手な私、一切れで満足しそうと思ったのも束の間。

あっという間に食べきってしまった感動の和牛。

脂感はあるんですけれどとろけてしまうお肉。

他のお料理も美味しいんですが、これで満足してしまうくらい美味でした。

佐賀県産コシヒカリ

一気に並べましたがいかがでしたでしょうか?

イチフユ

実は私は少食なんかじゃ無かったなw

自分の食いしん坊加減に笑ってしまいました。

お食事(朝)

旅のもうひとつの楽しみは、朝起きたら炊き立てのご飯を出していただけること。

いつも提供することを繰り返しているからか、これが一番ありがたいです。

こちらもお部屋でいただきました。

真ん中の木箱はなんと炙りたての海苔が入っていました。

豆乳鍋
コーヒーでホッと一息

個性的な器、古伊万里、有田焼。

家ではとても揃わない素敵な器たち。

コロナ禍でなかなか旅に出るのも難しい昨今ですが、また竹林亭に行きたくてうずうずしてきました。

今年も11月6日までチームラボのイベントも開催しています。

これからですと秋の紅葉にまだ間に合います。

皆様もお出かけ先にぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

極上のひとときが約束されます。

再度。

お金って紙だから私は経験に換えたい

この経験がお金で買えるならまだまだ頑張って働きます(笑)

石田ゆり子さんの言葉に背中を押され、仕事の意欲がマシマシな私でした。

御宿 竹林亭 ホームページ

チームラボ ホームページ

御宿 竹林亭 

住所:佐賀県武雄市武雄町武雄4100

電話番号:0954−23−0210

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

See you soon!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる